So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

動いてるプロセス [edison]

Arduinoのスケッチを動かしたんだけど、どれがそれだかは不明。
でも一般的なLinuxとしては、ちゃんと動いてる。

edison 01.jpg

ちょっと字が小さいので拡大してみてください。
起動中のプロセスのうちの60%くらいです。

ちなみにCMAKEコンパイル中。

設定まではUSBのシリアルで行うが、Wifiの設定ができてしまえば、それで事足りる。

Wifiからつなげるとエコーバックのストレスはかからない。
ロス0で動作する。

コンパイルをしてもCPU使用率が50%以下にしかならない。

これはコアが2つあって1つは休んでることを意味している。
やっぱり2コアだ。

良く見たら
”/sketch/sketch.elf /dev/pts/01" ってあるな。
これがArduino シミュレータだな。

ってことは、Break Out Boardでもきっと動いてるんだな。
だとすると、あっちのほうがやっぱり小さくてよかったな。



コメント(2) 

edison 事始 [edison]

こいつはちょっとめんどくさい。

Edisonをかったら最初にファームウェアのインストールもしくは、アップデートが必要らしい。
Windowsでの手順は、ここに書いてあるんだけど、ちょっと面食らう。
Arduino expansion board のときと書いてある。Breakout board のときはどうなるのかわからない。
たぶん同じだと思うが、手元にないからわからない。
#サイズ的には、ずっと小さいのでとっても魅力ではあるけど。

で、ざっくり手順を書くと、
マイクロUSBとUSBフルサイズコネクタの間のスイッチをマイクロUSB側にしておく。
二つのマイクロUSBとPCを接続する。”2本とも”
するとなんだかいろいろ後ろで動くけどここでは彫っておく。
FTDIのドライバがインストールしてないときはインストールする。
PUTTYをダウンロードする。
Edisonドライバをインストールする。
インストール用のファームウェアをダウンロードして、展開する
2で接続が時間がかかるけど、うまく接続されると、Edisonドライブが見えているはず。
Edisonドライブの中のファイルをコマンドラインから削除する。
107で展開したファイルをコピーする
11デバイスマネージャを起動し、”USB Serial Port"のCOM番号を調べる
12PUTTYを起動し、11で見つけたCOM番号のシリアルポートに115200で接続する。
13Enterキーを2回押す。
14ログインプロンプトが見えたら、rootでログインする。パスワードは付いてない。つまりこの段階でLinuxは起動している!
15はやる気持ちを抑えながら ”reboot ota" を実行する。
16Edisonがリブートされる。


オリジナルの英語の説明は、
Flashing Edison (wired) - Windowsにあるけど、上記のステップの番号は、オリジナルの番号とはまるで異なる。

PUTTYでなくても問題ないので、使い勝手の良いターミナルソフトをつかえばいいと思う。
HyperTerminal が入っていればそれでもいけるとはおもうけど。



これでEdison上のファームウェアが更新されて、
使えるようになるけど、まだそこまで。



コメント(0)