So-net無料ブログ作成
APSライフル ブログトップ
前の10件 | -

そういえば [APSライフル]

罰ゲーム?にもらったライフルケース、実戦投入します。
#中のブロックスポンジもちぎっちゃったし。

装備重量はかなりのもんがあるけどね。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

23回APSカップ だっけ? [APSライフル]

毎回ライフルはあわよくば、”バッジ更新できればいいなあ”ぐらいの勢いで、出場しているので、どんな点数でもあまり気にしていない。

ただ、常用薬を飲むことだけを、決めていた。
何の気休めになるわけでもないかもしれないし、実はドーピングになるんだけど、高血圧と通風の薬を常用している。毎月の練習会では、どんなに後ろに人が立とうが、気にならないけど、本大会のレンジに立つとものすごい動悸がある。口から心臓が飛び出すくらいに。

これをどうにかしてみたくて、薬を飲んで出ることにした。
結果としては、動悸は無かった。プラセボもきっとあるんだろうけど、効いてるようだ。

すべてはハンドガン戦までのデータとして。

順位は18位。それほど悪くも無いけど、結局ナンジャイそれには違いない。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ライフルってむずかしい。(2) [APSライフル]

ヤッパリ、練習不足なんだなって感じは、とってもします。

以前たけさんにもってもらったら、トリガーが重いって言われました。

どうやって改良するといいのか思案中。スチールシアーいいのかなあ。

#しかし、どうやらライフルねたは人気がないらしい。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ライフルってむずかしい。 [APSライフル]

最近ライフルの点数が思うように出ない。もともとそんなにうまい分けないんだけど。
どちらでもできるようにライフルケースの中には、スコープとオープンサイトと両方をつんでてその場所ごとに帰るかなって感じ。
#というか、ブラムのときだけスコープに変えたのが本当だったりもする。

話は、ちょっと変わるけど、ヘリのエンジンの話。
当然機械部品なので、旬というか、調子のいいときというか、性能的寿命というかが存在する。
そのピークの出方がはっきりしているものと、ブロードに出てくるものがあるけど、問題は、エンジンのピークと練習するやつのピーク。

うまい人は、エンジンのピークがどのように出て、今エンジンの状態がどれくらいの
寿命的位置にいるから、どんな風に調整すればいいかを大体把握できる。

#エンジンの調整は、おもに、ニードル位置(燃料の濃さ)で調整するんだけど、
#ヘリ全体としては、ピッチカーブとかも重要。

初心者はこの調整がうまくできないから、ヘロヘロのヘリで練習することになり、うまくいかないのは、ヘリのせいなのか、自分のせいなのかがわからないので、なかなか上達しない。
#これがクラブに入ったほうがいい本当の理由なんだけど。

同じようなことを今感じてて、ライフルの初心者である私は、銃の性能状況がうまく把握できない。これは明らかに下手だからなんだけど。

へたくそで周りがよく見えないうちは、銃にしてもヘリにしても最高なものが必要だと思うけど、

ヘリの場合は、調整までの費用もかかるが、かなりの確率で墜落して落ちるので、ある程度の性能のヘリを、できるだけ調整をしてもらった上で飛ばして、自分の飛ばし方にあった調整方法を獲得していく必要がある。

APS(ライフル)は、どうも銃があたらないのか、あたるのかよくわからない。すげーど真ん中しか行かないような感じもあるし、まともに散らばってまとまらない感じのときもある。

ヘリは”調整ありき”何だけど、ライフルは基本調整なし。当たる銃か当たらない銃かわからないし、調整幅もあまりない。

射手がへたくそなうちは当たる銃じゃないと、何を撃ってるのかわからない。初心者には難しすぎる。

ってのが正直な感想。

もっと練習が必要だけど、うちでは、最長で8mしか取れないし、毎日撃てるわけでもない。

#ライフルは結構体力も必要だし。


おいらが初心者の域から脱出できるはいつのひか。。。。




nice!(0)  コメント(0) 

ハイサイト化 [APSライフル]

ライフルをハイサイト化してみました。
CIMG2151.jpg

で、ゼロインもしないで、本日のブラムの練習会に行ってきました。
あさ、ワンコの散歩をした感じでは、それほど暑くなかったけど、デブの天敵湿気にやられて、
ぜんぜん点数がでない。もっと練習しないといけないです。


nice!(0)  コメント(0) 

APS-2 オープンサイト化 [APSライフル]

APS-2をオープンサイト化を考えていました。
スコープで見ると、どうも狙ったところに飛んでいかない。慣れていないというのもあるんだけど、スコープはよく見えてしまうので、同心円で狙うというのがいまいちピントこない。で、オープンサイト化を試してみることにしました。
オープンサイト化で、問題になるのはリアサイト、フロントサイトをどうするかという話になります。KSCさんみたいにプラスチックに穴をあけた板を使うのもあるし、マルゼン純正のもあります。どれを選ぶか思案どころです。

で、ためしにエニスに拠ってみると、なんと中古で格安でリアマイクロサイトが2000円でありました。
CIMG2136.jpg
アイピースは別売りだけど可変アイリスって言うの?が1500円だったかな。
CIMG2137.jpg
すげー格安。両方をつなげるとこんな感じ。
CIMG2144.jpg

で、さらに見ていると、フロントサイトも発見。こちらはただのチューブだったけど、これは500円だったと思う。
CIMG2138.jpg

で、さらに見ていると、可変リング幅のフロントインナーリング?があってこれが1500円くらいだった。
ダイアルすると真ん中の黒丸の線の太さが変わるって優れもの。
CIMG2141.jpg

まあ、素人が使うので、道具に負けている感があるのは確かなんだけど。

この辺は、実はコウ君と遭遇した話のときに買ったもの。

とりあえず買ったけど、どうやってマウントするかを考えながらしばらく放置。
とか、いいながらすげーとか言いながらいじり倒していたんだけど。


nice!(0)  コメント(2) 

第22回APSカップ 参加! [APSライフル]

今回はライフルも参加しました。

ライフルは、真剣に打ち込まれている人には申し訳ないけど、お祭り参加です。

まだまだ練習量が足りず、据銃がうまく行かないのと、スコープのアイポイントがどうもわからない。
スコープを高くするとか、もっと手があるのかもしれないけど、ここではもう少しあがく必要があります。

当日はプレートから、
1ターン目:OOOOO OOO
2ターン目:OOxOO Ox
の46点

ムーバーは、
1ターン目:8中、
2ターン目:6中
の28点

と、この二つはそれなりでしょう。問題はこの次です。ブルズアイ。
練習不足がもろに出てます。
10点県内に入るそぶりもありません。


結果は74点の1x。合計で、148-1xでした。
それほど練習したわけでもないし、こんなもんだと思います。点数的には、しかし、ブルズアイの崩れ方がひどすぎるので、もう少し、練習を重ねたいと思います。
とりあえずはバッチ更新だからよしとする。

nice!(0)  コメント(0) 

公式記録会! [APSライフル]

ということでいってきました。
携帯の充電をし忘れたので、写真はないけどね。

ひとつわかったことは、5mと10mとでは左右もずれる。

ということでぜんぜん点取れませんでした。

120-1xだっけっかな?

敗因は、調整不足です。調整は10mで行うべきで、8mとか5mとかでは、
あわせてもまるで意味が無い。

となると、自宅での練習は難しいしので、ライフルって続けるの難しいとおもう。
正直。

なので、いじって遊ぶことにしよう。

#目標は、次回のアドバンスバッチだったけど、今回のマークスマンになっちゃった。


nice!(0)  コメント(0) 

公式記録会エントリー! [APSライフル]

やってしまいました。
エントリしてしまいました。

パブリックコメントで、このての練習会のエントリは、電話でなく、電子メール的なものでもできるようにしてください。ってかいたのを聞いていただいたのかどうかわかりませんが、ホームページからの申し込みが可能になっています。

30名だからすぐ埋まっちゃうかな。

はてさてライフルはどうだろう。

nice!(0)  コメント(1) 

感動の最終回(ではないけど。) [APSライフル]

”だれにでも初めてはあるじゃないですか”、
気性の激しい織田は、先輩医師の徳川に、食って掛かっていった。
”そうはいっても、失敗を経験させたくはないんだ。”
”失敗でも経験しないよりはマシです。”
”お前にとってはそうだろう、しかし、残されたものの悲しみを考えたことがあるのか”
”それでもこの症例は報告されていないんです。このタイプのシリンダーの開頭手術の報告例はないんです。誰よりも先に紹介することが大事なんです”
若い医師の決意は、固そうであった。それをみた、先輩医師は、
”十分なまえしらべはしておけよ”あきらめさせることはできなかったが、それでも失敗を起こさせないために
最後の助言をした。

”そんなことわかっています。そのためにこの”シリンダーオープナー”を用意しました。これで、患者への負担は最小限にとどめることが可能なんです。”
織田は、失敗することなど考えることもなく、手術を結構することを決めた。

手術当日、患者と新しい開頭道具が用意された手術室は、いつものようにBGMが流れ、リラックスしたムードで仕事が開始された。
”それでは、はじめます。”
織田は、注意深くシリンダーを持つと、シリンダーオープナーをセットし、おもむろにまわし始めた。織田の手は、予想に反し回転を始め、接着剤による抵抗は感じられなかったが、何か別の金属がすり合わさるような感触を感じていた。
”はじめてしまったか、十分なした調べはできているんだろう、ならば、迷わず進め”と徳川もこの段階では反対することはなかった。

織田の手には相変わらず金属がこすれあう感覚がある。
”これは、ねじ性の抵抗では無い!何か見落としている可能性がある。どこだ、どこなんだ。”

思わぬ患者からの抵抗にあせりを感じていた。さらに回転させていると、抵抗が消え、いわゆる”ねじ性”の抵抗が感じられ、さらに回転をすすめた。
さらに進んだところで、まるで、抵抗が無くなり、シリンダーヘッドが開頭された。

”これは。”

ピストンは、シリンダーから飛び出ることも無くとどまっている。ピストンは、スプリングにより加圧されているので、この時点で、その加圧により外に出ようとするはずだが、その様子が無い。

”なにかがおかしい”。

織田はシリンダーをよく見回した。すると、スリット上のへこみがシリンダーに刻み込まれている。

”この位置に合ったのでは、ピストンヘッドは、前進できない。ん!?しまった”

シリンダーのメス側とシリンダーヘッドのねじの部分には、大きな筋が刻まれていた。

”無理やりまわしたからシリンダーのねじ溝と、シリンダーヘッドのねじ溝が使い物にならなくなってる”

この時点で敗戦は決定的なものに、なった。来た道を戻るだけだが、来た道の先には、正常なシリンダー動作は望めない。

すべての処理を施し、再び、形状的にくみ上げた。

計画した開頭を行い、処置を行ったのであるから、見かけ上の手術は成功なのだが、そうではないことを二人の医師は知っていた。

術後患者の初速を量ってみると、50しか出ていない。

”患者の機能が回復していないぞ、何をしたんだ!”、徳川は織田を攻めた。しかし、患者の蘇生は難しい状態になった。
何度初速を測っても予測値には戻らない。
織田は、何度も何度も、計測を行った。しかし、一向に回復の兆しは無かった。

”家族に報告しないといけない”、徳川は織田を即した。

織田は、家族に告げた。

”最善は尽くしました。しかし、もとの状態にもどることは無いでしょう。残念です”

といいながら、自分のしたことを反省する以外に手が無かった。


。。。。。。。





nice!(0)  コメント(8) 
前の10件 | - APSライフル ブログトップ