So-net無料ブログ作成
ピンポイントシューティング ブログトップ
前の10件 | -

ひたすら。。。。 [ピンポイントシューティング]

でたけど、あんまり点数でなかった。
173,176,179
面白いんだけど、これじゃだめ。
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

久しぶりにひたすらブルズアイ [ピンポイントシューティング]

ひたすらブルズアイに参加してきました。
ピンポイントも。

まずは、ピンポイントから。
ぶるずあいで91点、プレートで40点とこの時点で、社長?だったかたと同率2位で、
次のKYLで満射すると優勝できるというところで、なんと20点は時間切れ。

適当な順位に終わりました。
終わり。

次、ガスブロでひたすらブルズアイ
今回は、レーザサイトを搭載して参加。
レーザサイトの調整はすごい難しい。ちょっとまわしただけで、10cmとか動く。
1シリーズ目。開始前までに適当にゼロインして、うったら、右下側に着弾。ちょっと上側に修正して、2シリーズ目へ。
2シリーズ目は、大体センターはでた感じ。でも下目。で、もう少し上目に調整
3シリーズ目。大体あった感じで、打ってみたけど、あたらない。ほとんどフルレスト状態なのに。ブローバックする銃は当てるのがとても難しい。
グリップがちゃんと握れていないらしいんだが。。。

さてAPS版のひたすらブルズアイ。
点数だけ見ると
183-181-187 だったかな?で社長と同率2位。
ピンポイントのプレートを1ラウンドやって、それでも決まんなかったらサドンデスで、社長が先に打ち終わって4中。
おいらが4発あたって、次にあたれば、おいらの勝ち。で、ここで、はずせばサドンデス。なんだけど、ねらって
ヒットで、おれの勝ち。

池上さん以外の3勝目は、初めて。だけど、これを初めてとはいわない気がする。


ということで、久しぶりに賞状もらって帰ってきました。

追記。というか反省


nice!(1)  コメント(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ひたすらブルズアイ優勝! [ピンポイントシューティング]

ピンポイントはぜんぜんだめだったけど、ひたすらブルズアイで、優勝!
ガス風呂の方は最下位だったけど、まともに撃ったこと無い銃だから、ある程度しょうがない。朝のピンポイントでは、あんまりいい感じがしなかったけど、なんだか撃ってて楽しくなる感じがした。調子が上がってきた感じ。でも今じゃなあ。

とはいえ、俺が勝つと切って、上が崩れただけなんだけどね。

あと、トリガーを変えたのがよかったのかもしれない。おいらには、ラウンドしてあっても無くても、指が到達するところが、長いのは、とらえどころが無くてだめだわ。

CIMG2327.jpg
これにかえたというか戻したが正解。
もう少し短いのを試してみようかともおもう。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ひたすらブルズアイ(なんと優勝!) [ピンポイントシューティング]

アンリミが浅草で行われ、あづくん主催の練習会が富士見で行われている中、赤羽で行われているピンポイントシューティングに参加。
”こんな日はうまい人がほかの開場へ行くので、チャンス”とおもわなかったわけでもないけど、いつもどおり勝てる気もしないけど、赤羽に向かった。
赤羽の方向に向かったのは、秋葉に行きたかったってのと、赤羽の金券屋さんが目的だったりもする。

で本日の競技(ピンポイント10m、ピンポイント5m、ひたすらブルズアイ)に対して、
ピンポイント10mAPS-2 いつもの木ストのやつ
ピンポイント5mAP200S
ひたすらブルズアイ同上

で行く予定だった。
10mは、ハナからAPS-2で行くつもりだったし、ライフルの練習もしたかったので、これで言い。競技結果としては、まあ、適当。でも、これがAPSカップで同じ様な調子だったらエキスパートは狙えてたかもしれないよりはもう少しシンドイ感じくらいだったと覚えている。

5mはAP-200Sで撃ったけど、どうもコンプレッションが安定しない。この銃は先月にメーカでシリンダパッキンの交換をしてもらっている。なので、コンプレッション周りは改善されているはずなので、それを投入。
ぬるぬるがいいとかわるいとかはあるけど、おいらはこのトリガーフィールがいい。APSカップにもこの銃で登録しているので、現場に投入して具合を確かめるつもりだった。しかし、大方の予想どおり、どうも安定しない。コンプレッション時の抵抗の感じがばらばらで、どちらかというと薄い。時々ポコンって弾が飛ぶ。競技開始時からは、どうもたよりない感じがしていた。
だが、2回コッキングをするとちゃんとコンプレッションがかかるので、それで対応していたが、1回目と2回目のコッキングにおいてどうも手ごたえが違うときがあるので、ひたすらでは、APS-3に変更することにした。

何かのラジオで、有効なパフォーマンスに必要なことは、”根拠のない自信と、それを裏付ける練習”だといっていてなるほど、以前のピンポイントで、プレートを外さなかったときにたしかに”根拠のない自信”はあった。売らずける練習もそれなりにしてたような。最近はあまり練習をしていなかった。のであかんのかな?

hitasura130601-1.jpg

1st Target
APS-3はいつものように仕事をしている。しかし、1発目(本当の初弾)を左に外す。それでも銃が左にぶれたのはわかったしまだコントロール下にあるようだったのと、何よりも久しぶりに外乱が少なかったので、あまり気にしなかった。それ以降の弾はすべて黒いところに当たっているので、いい感じだった。
2つ目の的は、最初の二発が、いい感じで吸い込まれていくのが見えた。ちょっと無理して長い間据銃すると下方向に飛んでった様だが奇跡が見えなかった。これはいかんとかの思い気持ちを入れ替えて4発目かろうじて右に当たった。
3つ目の的は、3つまでが10点に入って遺訓が見えた。最後の4はつめは外したくなかったが、9点に入った。
4つ目の的は、いきなり右に飛ばし7点。銃をAPS-3に変えて常に同じ漢字で照るのが良い。2発めを下目にはずした。9点圏から切れてるかなとかおもいながら残りは9点に入れることだけを考えた両方とも10点
5つ目の的は、すべてを9点圏ないに入れることを考えて撃った。うまくいけば10点かなを2発打ちちょっと右に外れたな。とおもった3発目を撃った後、次は10点に入れるぞと思い撃ったけど、9点にかぶった。
これで、188点。


hitasura130601-2.jpg
2的目の射順が回ってくるまで、ほかの人と楽しいおしゃべりがたたり、2つ目の的まで、気持ちが切り替わらない。銃は止まらない。時間は過ぎていくので、撃ち始めるが案の定、左に外す。これはいかんで打ち直すとこんどは右。3はつめは入った漢字で、4発目は9にかかった。
2つ目になってもまだ気持ちが切り替わらない。向きだけ合わせるうち方に変更して。左側に外した2発を撃った後、やっと黒丸のなかに入った。あけてみたら、両方とも10点。
3つ目の的は、順番わからないけど、10-10-10-9で10は弾2つ分に入っている。後から見るとすごい。
4つ目の的ぐらいになると、筋力が足りなくなってきている。ねらっても止まらない。1発撃つ時間は確か40秒ほどだとおもったけど、完全に使い切り2発分を使って2発を撃っている(ぱっとみこれは良いような気もするけど、10秒ぐらいで撃ち終わった後、休憩時間をとらないと、銃が止まらない)。後から見ると信じられないけど、10-10-10-9。最後の的はこれも時間をかけながら撃ったけど、据銃時間が長くなっているので、体力的にはいっぱい。10-10-10-9。
最初のうちの気持ちの同様があったけど、終わってみると186すげー上出来。

hitasura130601-3.jpg

最後の的の敵は体力。2つ目の的に入ったあたりから銃を上げていられない。時間もかかるからさらに疲れてやっとこさで176点

で合計550点で優勝。鬼のいない間にもらいました。あと5点から10点は無いと、常勝はむずかしいかな。
hitasura130601-0.jpg
nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

第33回ピンポイントシューティング [ピンポイントシューティング]

昨日行われたピンポイントシューティングに参加してきました。
調子が悪いときといいときと書き方が変わるのは、よろしくないかもしれないけど、
今回の目玉は、プレート、KYLともに満射!

ダット乗っけてたのでフリークラスでしたが、オープンのハンデ乗っけても優勝!ということになります。
#いわゆるフリー10点マイナスでも優勝。

ダットサイトって、スクリーンの真ん中にドットがみえるようにして、撃たないと的にあたらないということを、池上さんから聞いたので、なるほど適当に赤いとこ撃ちゃインじゃないことを教えてもらったので、プレート以降修正。

プレートは意識して、真ん中にあわせて撃ったんだけど、KYLではちょっと失敗しました。

KYLの社順は、10→20→2→8の順がいいと思います。10点以下ははずさないとして、20を最初の
方に持ってくるのは、疲れちゃうから。細かい集中をしないといけないので、早晩に撃つのが正しいと思うからなんだけど、この日に限って、なぜか2から順に打ち始めて、順に10。ここで、構えると銃口がプルプル。これは遺憾と思いながら撃って、ちょっと下に外れた感じがして、”ヤッテモウタ”。でもあたってるかもしれないってんで、20を撃ったけど、これもプルプル。タイミング的には良かった気がするけど、どうもプルプルの中で撃ったので、失敗したと思ってましたが、どちらもかろうじて命中。

これで、172点という点数になりました。

今回の目玉は、チャリティ商品?のブリザードですが、惜しくも僕の手をのがれ、私は、”マグナブローバックのすべて”という本をいただきました。

nice!(0)  コメント(2) 

ある実験 その2 [ピンポイントシューティング]

32回だっけ?ピンポイントシューティングに参加して来ました。
今回はダットサイトを乗っけての参加です。
結果的にはダットサイトだからっことはないんだけど、ちょっと拍子抜けでした。
あわよくば、優勝なんてのもちょっとおもったけど、まあ、問屋はそうは降ろさないわけで。

狙いは優勝では無く、一発、一発の射撃姿勢(態度って意味では無く、身体の形って言う意味の方)がおかしくなっている感じがするので、それを矯正したかったんだけど。

射座の入るとそんなの頭から消えちゃっていつも通りのちゃらんぽらん。

何も考えて無くてもかってにからだが決まってた頃はもう少し打てた気がするなあと。

メンタルのある本には、自動化をすることで本来するべき動作が出来るって、かいてあってあり自動化動作中は無意識的な動作なので、エラーが多く成るって書いて有るのも有った。こうしゃのほうがただしいきもするけど。
最近は自然狙点だしもしてないし。

根本的な改造が必用だ。

nice!(0)  コメント(0) 

31回(だっけ?)ピンポイント参加 [ピンポイントシューティング]

一号君とピンポイントに参加してきました。

一号君を1,2フィニッシュ達成です。ちなみに1位は一号君です。

冗談はさておき、マジでスランプです。
どうやって当てるのかよく分からない。
毎日練習すると勝手に当たるようになるみたいだから、

1.変な癖がついている。
2.銃があたらなくなってきた。
3.弾があたらなくなってきた。
4.宝くじも当たらないので、それと一緒

のどれかがおきているのかなあ。と思ってます。

実際問題、筋力が落ちてきてるみたいだからそのあたりの影響かなと思います。
#歳ね,歳

腕の周りの筋力だけでなく、全体的な筋力アップがいるのかも。

毎晩はやれないけど、15発め、30発目、45はつめ時に後になるほど銃保持がつらいもの。

ただ今日感じたこと
”ポイントは、フロントサイトのみのサイティイグと、親指の力加減”かな。

nice!(0)  コメント(2) 

29回 ピンポイント参加 [ピンポイントシューティング]

29回になるピンポイントシューティングに参加してきました。
結果はピンポイントのページを見てもらうとして、結果は書きません。

#ははは。

今回は眼鏡一式をおいていってしまって、ふぁーむ氏にブラインダを借りて普通の眼鏡で撃ちました。
それでもブルズは91点なので、眼鏡の性だけではないかもしれません。

今回はちょっと古めのKSCの弾で撃ちましたが、違和感はまるでありませんでした。やはりKSCの弾のが
あってる気がします。まあ、気休めでしょうが。

いつもは、ヘッドホンで回りの音を遮断しながら打ちますが、ヘッドセット一式も眼鏡ケース兼ヘッドホン
ケース兼工具箱の中に入っており、それもなしです。ブルズのペース配分がまるで分かりません。

5発撃って4分以上残ってたので、ちょっと早めのペースだったような気がします。

KYLは、20点を狙うことにしてますので、0でした。
#10点がど真ん中なので、いけると思ったんだよね。

今見たら、KYL満射すると、僕が優勝してました。
歴史じゃないけどたらればは意味ないですがね。




nice!(0)  コメント(0) 

第28回ピンポイントシューティング [ピンポイントシューティング]

本日、台風接近する10月30日に、新宿Target1で開催されたピンポイントシューティングに参加してきました。

本日も実力を如何なく発揮した私はどべとなりました。

なので、私の話は終了。

今回。仙台から仕事のからみだっけ?で状況していたRIskyさんが参加され、見事に優勝してきました。
今回は、全員がプレシジョンクラスで、さらに、ブルズアイ終了時に全員が90点付近にいるなどとても、拮抗しておもしろい試合運びになりました。
そのなか,初挑戦で、みごとRISKY氏がプレートを満射しました。
#最近、ぜんぜん私なんかだめなのに。

で、満射をきめたっときのガッツポーズ。




隣で撃っているのは毎回ピンポイントを主催していただいている池上さんです。


抽選会では、リアサイトのノブがあたりました。本とはトリガーがほしかったんですが、SOK氏が、もって言ってしまいました。あくまでもくじ運が悪いだけで、氏の根性が捻じ曲がってるとかはいうつもりはありません;-p




nice!(0)  コメント(2) 

第26回ピンポイントシューティング参加 [ピンポイントシューティング]

第26回となるピンポイントシューティングに参加してきました。

結果からいうと、優勝ということになりましたが、どうもあまりうれしくない感じになりました。

まずはブルズアイから。
PPS26thBulls.jpg

ブルズアイは91点でした。ピンポイントシューティングなので、基本は黒丸のみを狙わないといけません。
またKnowYourLimitを考えるなら、全弾10点圏内くらいの勢いで行きたいのですが、真ん中と右上で黒丸をはずしています。それ以外が圏内だったので、まあ、90点台を確保しました。

続いてプレートです。
プレートはここのところ、満射を出せていません。以前のプレートの的は満射を出せていましたが、なぜか出せません。今回はそれでも4つ落としました。

次は問題のKnowYourLimitです。
PPS26thKYL.jpg

多分私のLimit的には20点だと思います。つまりこの成績です。KYLでは何発弾を使ってもいいので低い点数のところの着弾具合を見て、狙うかどうかを決めています。今回はどうも20点を当てられる気がしません。そうはいいつつも、狙っていると、時間終了ですとコールがかかり、結果的に20点で終わりました。
前回も残り1秒での駆け込みだったので、うまくいけばとも思ったのですが、狙っても狙ってもしっくりこない。多分もう疲れちゃってる。
練習をあまりしていなかったので、筋力がかなり落ちているようです。

ということで、この後、池上さんがKYLを20点トライされて、失敗されたので、辛くも優勝となりました。

次回からは僕も玉砕覚悟で行かないと面白みがないと思われるので、やることにします。

そのためには、筋トレが必要です。

nice!(0)  コメント(4) 
前の10件 | - ピンポイントシューティング ブログトップ