So-net無料ブログ作成
グリップ ブログトップ
前の10件 | -

木グリ完成 [グリップ]

そんなに引っ張れるねたでもないので、

ガスガンのグリップはガスタンク分をどうにかしないといけないので、削りだす必要があって、それを彫刻等をつかってけずり出す。

CIMG2233.jpg

で収まるように何回もつけて外して削って、つけて外して削ってつけて削ってつけて
とかを繰り返すとなん知らないうちにアはまるようになって。

CIMG2235.jpg
反対から
CIMG2237.jpg

という感じで出来上がります。

チェッカリングツールを持ってないし、買う予定も無いので、このままかな。

塗装は、ワシンの油性ニス”チーク”


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

しばらく我慢して [グリップ]

仕事が忙しいのに、ほっといて定時で帰ってしこしこ削ると
こんなのができます。CIMG2232.jpg
マルイのKフレーム用のグリップと。。
CIMG2226.jpg

まだ幾分分厚い

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

始まっちゃったものはしょうがない。 [グリップ]

ということで切り出しがおわったものがこれ。CIMG2223.jpg
ますは、フレーム部分を削りだし。今回の秘密兵器は、プロ九村のルータ
CIMG2224.jpg

削り終わった後の削りかす。
CIMG2231.jpg

このあとおいらの命は、風前のともし火と成るのであって。

”誰がそうじするとおもってるのよ!”
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

仕事が忙しいときに限って [グリップ]

先月の公式とか、先週の公式とかで、コテンパンにやられてるなか、そして仕事もちょっと忙しくてそっちもなんだか気が抜けないというのにはじめてしまいました。
CIMG2221.jpg
材質はいろいろあるけど、やわらかい木を選択アガチスの5mmの4枚積層。そいつを大枠で切り出すと、
CIMG2222.jpg



タグ:木グリ
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

思ったとおりにはいかないねえ。 [グリップ]

レーザーカット後の塗り絵の話を前回?のせた。
目論見としては、この状態で削り出せば、きれいに青いストライプが出るはずだと、しかし、現実はそうは行かなかった。

CIMG2029.jpg
ねじ隠しようの板をもう一枚張る予定ではあります。

だけど浸透してなかった。
つまりインクを置いた暗いじゃあ、だめってこと。
いったん形を整えて切り出したあともう一回色を塗ってってことをしないと、きれいなブルーストライプはできないようだ。

だれか簡単に木を染める方法を知っている人がいたら教えてほしい。
釜で煮るのが一番だけど、グリップだけでもなくストックもやりたいので、そんなでっかい釜は用意できないし、材料(薄い均一材質の端版2mm圧程度が一番良い)も手に入らない。

後ろからみるとこんな風
CIMG2035.jpg

親指の付け根の削りこみが必要だけど、ビス接合中にはできない。

左側からみると、
CIMG2030.jpg

こっちにもねじ隠しを打つので、6mmほどあつくなる。

いまのと比較すると、ヤッパリ良く似てるけど別物。再現性はやっぱり悪いです。

CIMG2027.jpg

乗っけるとこんな感じ
CIMG2026.jpg

マウント用のビス穴もあけてないし、グリップエンドも作んないといけない。
いたきるときに穴あけとくべきだった。けどもうおそい。

#業務連絡。
#6/3はこの姿のままでもってくことになるとおもいます。業務連絡終了。



nice!(0)  コメント(6) 

塗り絵中 [グリップ]

以前受け取った、グリップのレーザカット板ですが、厚みのが足りないことがわかったので、仙台の高精細紅開いた切断工場に発注したいたのが届いたので、現在塗り絵中。

乾かないうちに触ると手が程よく染まるので、気をつけろ!

CIMG2020.jpg

もう一枚のいたも 塗り絵中。
CIMG2025.jpg
nice!(0)  コメント(2) 

レーザーカットパネル到着! [グリップ]

レ一ザーカツトパネルが到着しました。
まだ開封してないので詳細後日。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2) 

グリップレスト (2) [グリップ]

Wanshooterさんの呼びかけで、グリップレストについて昨日記事を書きました。

そのなかでプローンだと打ちにくいということをいいましたが、そのわけを発表します。

ずばり、デザイン重視で作ったので、グリップレストの後端(ヒール?)の部分が高すぎるのです。空中で挙銃している分には問題ないのですが、床に置くと不必要に高くなります。首を思いっきり起こさないといけないので、サイティングが20秒くらいで限界がきます。
#単にふとっているからかもしれませんが。
プローンのときには、銃本体を床につけるのはご法度なので、下に手を置きます。普通の人なら問題ないかもしれないけど、僕の手は分厚い(なんだけど、手のひらの中心部分の厚みは乏しい)ので、さらに高さがあります。それだけわかってるならけずればいいじゃんって話になりそうですが、取り付けねじの位置がかなり下目についているので、グリップごと作り直す必要が出てきそうです。APのグリップレギュレーションを参考に使用かとも思いましたが、APにはプローンはない。だから姿勢の変化は関係ないレギュレーションだから守る必要なないとおもい、このような形状になっております。おかけで、スタンディングで両手撃ちができません(そこの部分が広すぎる)。



内側からみた(ハイヒール)グリップレストです。
P5131440.jpg

さらに、wanshooter さんの質問にはまるで答えていないことに気が付いたので、書くことにします。

”キツめですか、ユルめですか?”
僕の場合結果的にきつめになっています。理由としては、豆状骨をしっかりとグリップにぶち当てたいからです。中指を支点とした銃のピッチング方向の回転を受け止めるためです。
AP200のノーマルグリップだと
・そもそもグリップレストが短くい。
・さらに面取りまでしてあるのこの骨にあたるはずが無い。
見たいな感じだったので、まるっと作り直した結果

・以上にヒール部分が高くなった。
・回転帽子だけならきつくする必要は無いが、グリップそのものの角度との関係できつくなってしまった。
のが正解かもしれません。

ただwanshooterさんの写真と見比べて気になったことがあります。
それは、俺の手が以上に太いということもそうなんだけど、親指側の稜線のいちです。言葉でいうのは無図過信ですが、ひじのほうから手首の稜線の延長戦と手首の位置です。グリップの形状から来るものかもしれませんが、僕の写真では、親指側の稜線がほぼ直線ですが、wanshooterさんのはうっすらとでは有りますが、盛り上がってます。これはグリップの角度が純正の方が立ってることになるのだと思います。 どっちがいいかは分かりませんが。
僕自身はあまり寝かせてるつもりは無かったのですが。撃ち下げの影響かもしれませんが。

Rink Gripでのサイズを見てみました。
ちなみに僕はMサイズ(89mm)でした。

#グリップレストではなくてパームレストってかいてある。多分グリップレストって俺が言い始めたのかな?。。。

nice!(0)  コメント(2) 

グリップシェープ変更 [グリップ]

最近どうも自然狙点が左に向くようになってきたので、グリップの小指の稜線部分にあたるところをちょっと削ってみました。
まだこれで実射はしていないので影響がどう出るか分かりませんが、構えたあと意図的に右に振る動作がいらなくなるような気がしてます。

手首のグリップエンドがあたる部分が右に振るとあたって痛くなってきたのも有りますが、これも解消しそうです。

#ちょっとまて、手が太くなったって事か?


写真はいずれ。

nice!(0)  コメント(0) 

売りもんにならなくなりました。 [グリップ]



うろうとしていたグリップを黒染めしようとおもって、染料液で煮込んでみました。

そうすると、おもいもよらぬ事が発生しました(本当は想像できてたけど)

なんと、しなベニアのシナの部分がはがれてきました。

P1170895.jpg

シナベニアは、0.5mmくらいのシナ板が2mmくらいのラワン板の両面に張ってある構造ですが、
すごくまっくろにそめてやろうとおもって、携帯ガスコンロのガスがまるまる1ぽん消費するくらい
の時間に込んでみました。すると、シナ板の膨張のためかラワンからはがれてきました。
これでは、多分修復は不可能なので、失敗です。

着色はやはり単版のうちにやっておかないとだめなようです。

#ベニアの糊の種類にもよるんでしょうがどんな糊使ってかはわからないし。

実は、5.5ミリのベニアでは割とうまく行ったので、それでやってみたというところもありますが。

木材染色は難しいです。

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - グリップ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。