So-net無料ブログ作成

トリガーゲージ作成中! [APS]

トリガーゲージVer3を作っております。
なんで作ろうかと思ったかというと、前の機械では取れなかったAP200Sのトリガー荷重をみたかったから。


まずはAPS-3のLE達の競演
trg.jpg

550gまでしかグラフがないのは、そこまでを荷重限界にしてるから。機械的にいうと壁にぶつかった状態。

どの銃もしっかりとしたファーストステージのあとに存在感のある本引きがあり、その後、ほとんど後引きがない。このあたりの作りこみはさすがXXさんだなあと思わせる(名前を入れたいけど、あえて伏字で)。

JORKERが言うにはAPの機械式トリガーのフィールに似てるそうな。


で、AP200Sのトリガー荷重
AP200S.jpg


順調にファーストステージが伸びている中で、急に切れる感じが絵からは読める。
しかし撃ってみるとほんの少し兆しを感じる70g付近の小さい山のところなのかな。

で、どちらの銃も面白いのは、ピークを撃った後、0.015mmぐらい進んだ後で、切れること。
APのほうはこの落ち始めを感じてるのかもしれない。

機械のはもう少し手いれるから、それから、紹介するかな。

今度のはいいよー

コメント(0) 

バリアブルリアサイト [APS]

DMMで出品させてもらってるバリアブルリアサイトですが、構造的に問題がありそうなので、
現在新規の受注は見合わせております。

といっても、あまり動かない消費なので、問題ないとおもいますが。
コメント(0) 

正確に的中させるために [APS]

小さなまとに正確に当てるために必要なことは、
大まかにいうと、

1.精密に狙う
2.精密に撃つ
の2点になるとおもう。


精密に狙うための方法は、据銃能力だと思われるけど、それにはグリップの握り方とか、いろいろな問題があるとおもうけど、今回は触れない。ってか私にはわからない。
精密に撃つと書けばひとことかもしれないけど、精密に狙った後で、トリガーを引いて、弾がバレルを抜け出るまで保持していないといけない。BB弾は弾速が遅いので、時間がかかる。十分な時間を動かないで保持していないと、バレルに接触し、望まないホップがかかり、あらぬ方向に飛んで行ってしまう。
この動画は、ある選手のブルズアイの時のものだが、音がしてから銃がほとんどぶれていない。


フォロースルーが大事なのは、このためだが、実は、トリガーの指自体も気を付けないといけない。
指の第一関節より先の質量も思ったより軽くない。運動エネルギーは、速度の2条かける質量の2分の一で、そのエネルギーをトリガーストップにぶつけてしまうと銃が動いてしまう。

そこでトリガーの軽さに注目する。

TP15-17r.jpg


このグラフは、以前も掲載したLE15とLE17のトリガーブルの重さと引いた距離のグラフである。
さらに、前引き、本引き、後引きをわかりやすいように色付けしてみた。黄緑は前引き、紫を本引き、青を後引きとしてみた。
トリガープルの重さは、LE15のほうが重たいが、後引きはLE17のほうが少ない。どちらのLEも最終段階で、人手による調整が入っているようなので、個体差もたぶんあるのだろうが、LE17 の後引きがほとんどない。
この調整結果を意図的に作り出したのかはよくわからないが、LE17のほうは、エアピストルの雰囲気に近づけるようにとの意向があったようなので、重めの味付けになっている。たぶん後引き量は、考慮に入れてなかったのではないかと思う。

ここで、話を指先の運動エネルギー量に戻そう。トリガーをきれいに落とすためには、ほとんど指が動かない状態であることが望ましいし、落ちる瞬間のエネルギーベクトルがトリガーの運動方向になるべく一致していれば、銃は動かない。
トリガーを“エイっ!”って引いてしまうと、どうしても速度がついてしまう。速度が付くと、今度は止めないといけない。最初は、この速度を緩和するために”後引き”が必要になると考えていたが、どうもそんなに、簡単な話ではないような気がしている。

基本は、トリガーが落ちたら、指は動かす必要がない。しかし、トリガーが落ちた後には、急に軽くなるポケットが存在する。今まで、100gで引いていたのが、急に0gになる(正確には、もっとあると思うけど)100gでトリガーを落とすために持っていたエネルギーは、そのまま、無抵抗になった瞬間に指を動かす。青引きが1mとかあればその中で、ゆびを止めることが可能であるかもしれない。しかし、それほど距離はないかもしれないが、指は第2関節から回転運動を始めている。きっちり合わせたトリガー一であれば、第三象限を第4象限に向かってゆびが回転運動している。すると銃は右まわりの回転を始めるはずだ。このとき、先ほどのエネルギーは、バレル方向と横方向に分解され、横方向に分解されたエネルギーは銃を右に動かす。支持位置は普通グリップなので、グリップより前の位置で右方向の力がかかれば、右に飛んでくことになる。

なので、トリガー撃発直後からゆびは動かない/動かさないほうがいい。
だとすると、後引きが無い方が、いいかもしれないし、APの世界では後引きを殺している場合が多いそうだ。

指の可動域を、トリガーが落ちる前後の少しあいだだけ動くようにする方がいい。
この点を考えると、LE17は重たいけれど、本引きがしっかりあり、最後の落ちる瞬間を正確に把握できれば、後引きがほとんどないので、指を動かさないことができる。もっともひきが強ければトリガーストップに当たった後、トリガーストップ事態を押すので、意味がないが、この動きを精密にコントロールできれば、重さは実は関係ないのかもしれない。

私個人的には、まだまだへたくそなので、トリガーが適度に軽い方がよく後引きがあった方がコントr-るしやすい。

しかし、このグラフをみるとLE15はよくできたトリガーだ。すぐ使えなくなるようなので、実にもったいない。

なお、これは個人のいけんであり、すべての人に当てはまるかどうかはわかりません。
コメント(4) 

プレートの撃ち方 [APS]

最近は、右から撃つようにしている。

精密に射撃するとき、なるべく揺れないほうがいいわけで、そういう意味で左右方向の揺れを低減できるインラインは理に適っている。なので、すべての的に対してインラインで撃つためには、射撃事に移動が必要になる。昔は、このように移動しながら撃っていたけど、再現性の悪さが気になる。
 左側にはオープンとなるが、右側は、きつくなるので、インラインより右側で撃つのは、問題がありそうだ(さらにきっちり体をロックできるらしいが、おいらはぎゃくにゆれる)。そこで、一番右の的でサイト合わせをした後、左のまとから撃っていた。
 左側のまとは、オープン気味になるが、プレートは速射系の競技であるので、それも良しとするが、”最初の的に向かって一度だけサイトsチェックをしてください”の部分に引っかかる。サイトチェックは5枚目だから。
 今まで、ずっと左側から撃っていたので、その通りでやっていたが、ちょっと気が引けていた。

本線以降は、右から撃つようにしている。行ってみればそれだけなんだけど。
タグ:APS プレート
コメント(0) 

大抵のBB弾は [APS]

といってもそんなに使ったことないけど。

最終的なサイズにむかってだんだん小さくなってく。グランドマスターBBだんとAPSBB弾もそう。

BB弾の良さは真球度(どれくらい球か)とサイズと重さで決まる。

作ったときは真球度最高、サイズ最大、重さ最大になる。

時間が経過するとだんだんサイズが小さくなって軽くなる。つってもさっき言ったみたいに限界値にむかって漸近する。

問題は真球度。なぜ小さく軽くなるかというと、弾はプラスチックでできているので、作るときは溶剤と主材が入り混じって、どうやって作るのか知らないけど、たぶん想像するとある程度丸い形で、ちょっと大きめな丸い球ができてくる。これを所定のサイズに向かって研磨してサイズを出しているのだと思う。重さは均一な材料であるはずなので、このサイズであれば、この重さって感じじゃないかと思う。作ってる人、詳しい人がいたら、突っ込んでください。
で、経年変化は、この有機溶剤の残りが空中にとけていくことで、起こる。らしい。そのため、サイズと重さが小さくなる。真球度は、溶剤の混ざりぐわいが完ぺきな場合(どこの部位でも完璧に同じぐらいに混ざってる時)は真球のまま小さくなる(と思う)。この混ざりぐわいは実は、重心位置にもかかわるので、わりと真面目にまざってると想像する。であれば、真球度はそれほど悪くならないということになると思う。

実際に打った感じにしても古い球は小さいし、新しい球は割と大きい気がする。大きさについてはお石所(時期で)つかえばいいと思うけど、劣化ということはあまりないのではないかな。と思う。

もちろんプラスチック製品なので、時系列による変化は必ずあります。

結論

よくわからん。


コメント(0) 

トリガープル再び [APS]

本大会もおわり、仕事は落ち着かないんだけど、こんな時にはいろんなことをやってみたくなるもので。

トリガープル計測をやってみた。

今回のターゲットはLE15 とLE17。

非常にきれいな結果が出た。
LE15は前引きとかいじってるけど、ほとんど何もしていない。
LE17は全く何もしていない。
どちらも機構的には箱出し。
TP15-17.jpg

すごく面白い。LE15もなかなかいい。グラフからLE15は160、LE17は210だった。つまり、LE17のほうが重いのだ。それと前引きの重さだ。
LE17のほうが前引きが軽い。どちらの銃も前引きがすごくきれいだ。

本引き引き始めから切れるまでの距離とおもさは、グラフからの読出しで、
LE15:ストローク0.6  重さ:60
LE17:ストローク1.1 重さ:150

となり、切れという面では15のほうがよく見える。

しかし、切れる直前の山の丸さがLE17のほうが短いので、重いけどスパッと切れるって感じになる
と思われる。

後引きありなしが顕著に出ている。

この絵からすると、おいらの好みは15なんだとおもう。

今回はこれまで。


本大会の話は、今回(は、も)なし。


コメント(2) 

プレート!スタンバイ!レディ! [APS]

今回の大阪での公式で、またもや、偶然にもグランドマスターの点数びったりの点数となった。

ブルズアイ 96-0x
プレート   56
シルエット  33(18-15)

合計     185-0

正直言うと、0xがだめだし、プローンの15点もダメ。

1点、プレート56が効いてる。APSの競技は実はプレートを攻略できればかなり有利になる。

いままでの記事を見てもらえばわかるとおり、私はプローンが苦手だ。たぶん。いまでも。

今回のプレートで、たぶんだけど、
意図通り狙えたもの8
狙えてたけどトリガーがうまくいかない3
枠に当たってたおれたもの(ラッキー)3
あきらかになずれている。


のような内訳だったと思う。
それでも昔から意図通りの数が増えているのは、その通りだけど、あとのは、ほんとにまぐれ的に当たっている。だから、グランドマスターはまだまだにわかなんだけど、それでも14枚当たったというのはそれなりの結果。

なるべく、数字を上側に持っていくために、以下のことに気を付けるようにした。

銃口が、ターゲットを向いたときに、アラインメントの調整が終わっているようにする。3秒しか射撃時間がないので、あげてから探していると間に合わない
2射座に立ったら、なるべく足を雨後欠かさない。スタンスとしてオープンのほうが楽なので、右手打ちなので、左側がオープン側になる。一番右の的を狙うように立ち、足は動かさない。
31発ごとに一喜一憂しないために、準備に入ったらその的以外は見ない。たぶん、コッキングする、左手で右肩の袖を挙げる、右足前ので、銃のアライメントを確認する。確認が終わったら、合図をし、ターゲットのみを注視する。ブザーが鳴ってからもそのままの視線を撃ち終わるまで維持する。
4腕でアライメントをとり、手首でこじらない。ほかの競技でも一緒だけど。


今となっては、プレートは練習で克服しやすいのではないかと思っています。
ポイントは”素振り”。

スタンバイ姿勢で、静止アライメントを合わせた後、的に目を向けて振り上げると、たいていアライメントがずれてる。この時のずれを認識して、グリップで合わせる。グリップで合わせるときにどこをどう合わせるかは、なんか適当にいじったらそうなった気がするくらいなので、ここをどうすればどうなるとかは言及できない。的から眼までの視線に対して、どれくらい傾いているかでいろいろかわるとおもうけど、体が柔らかいひとならば、ほぼ傾かないし、おいらみたいに体が硬いと腕の線から見ると右側に傾いているような位置になると思う。なので、サイトチェックは右のでやりたいところだけど、足の向きだけを、確認した後、最初のまと(おいらは左から)に対してサイトチェックをする。

素振りを何回かすると、体がおぼえるので、アライメントがかってにそろうようになる。なので、15この的に対して行った方がいい。弾は使わない。プラット君を作って試しているうちにしこたまプレート動作をしたけど、プラット君自体はあまり使わなくなった。設定するのが面倒だから。だけど、その時に使った光線銃と、的はいまでも時々使って、”素振り”の練習に使う。弾が出ないだけど、実際に激発までしてるわけだけど、重要なのは、発射直前のアライメント。これによりアライメント合わせの時間が短縮できると、銃口を向けるのに時間が使えるようになる。この時間をじっくり使って、狙って、据銃して、トリガーを引ければ当たる可能性が高い。


おいらの傾向では、プレートが当たらないときは、的を見てて、アライメントを確認していないことが多い最近よく当たるようになて来たのは、この的を見る動作が減ってきたからだと思う。

おいらはこんな感じでプレートを対処中です。
満射するまでには、まだまだ何かありそうだ。



コメント(0) 

バッジ防衛! [APS]

5月7日に行われた、大阪での公式練習会に参加してきました。

グランドマスターをとれたとはいえ、”にわか”なので、今回大阪の公式に出る理由は、グランドマスターをとれたので、恩返しのつもりででることにしました。

以上のような状態なので、まったくと言っていいほど練習をせず。

グランドマスターをとれたので、銃をAP200にスイッチしようと画策していて、最近はそっちばっかりを使ってました。いつもの通りで、いいはずだけど、しばらくぶりなので、狙点の確認だけしようとして、BaseExchangeさん借りて、練習してまあ行けそうだと確認したくらい。

なるべく的を当たるようにする練習はできるけど、常に185点以上を打つ練習なんてやってないので(こうやって書くと、前者をやっているようにも見えるが、練習そのものをしない)ところから、まあにわかの照明をすることになるなあ。と思ってました。

それよりも、20年近くやってきて、グランドマスターにもしてもらったので、いろいろな場所のいる神様にお礼をするようなつもりで、行かせてもらうことにした。

当日は、いつもの”朝定食”をとった。ただ、この日は、薬を飲むのを忘れていたので、緊張に伴う動悸が半端なかった。血圧の高い人は気をつけましょう。

まあ、そんなので、特別な準備をするわけでもなく、基本はプレートだから今後のためにビデオでも撮っておくかと言って後ろの机にカメラを置いて撮影開始。できれば、あとからの確認のために、自分がどう映ってるかを見たかったんだけど、お隣のちょうゆうめい選手がメインでうつっており、その意味での意味はなかった。
そのときの動画はこれ。
https://www.youtube.com/watch?v=HxffnFthPfw


ちょっと見にくいけど、14枚倒れている。11枚は当たった。けど、あとの3枚はよくわからん。とりあえずは、たまに合わせて倒れてくれた。

1枚残ったのは、上段の1枚目。中段は、小さいターゲットの最初なので、よく外すけど、上段は、さらに上に上がっているので、これまたよく外す。
この時の最大の失敗は、隣の射座を見たこと。見えたんじゃなくて、見た。それがいっぱい。プレートをいつも兵器で当てる人がその段階で、おいらより、1枚多く残している!さら5枚倒すと満射じゃ!なんて声が聞こえたので、終了。
とりあえず一発外したので、もう、満射の恐怖はなくなり、あとは、一生懸命一発ずつのルーティンでやってこ。ってきめて、正直12か、11だろうな、って思いながら、14枚。これはすごい。

つぎはシルエット。スタンディングの解説は省略。10-9-8-7で18.
プローンは、ちゃんと狙えばあたるので、気楽に打った。10mを狙って打った。上に外す。”なるほど、今日はそういう日か。”ちょっとした目を狙う。すると、下に外す。。。

”なに~~~、そんなに下げてないぞ”

ここでパニック回路発動。
この興奮を抑えるためには、
1.死ぬ。
2.3発目も10mをねらって倒す。
3.プローンのしせいのまま、寝てしまう。

のうち2番を選択することとした。しかし、問題はその対処方法で、いつものようにねらうか、ちょっとした目に狙うか。

”一分経過”、まだ2発しか売ってないのに。いつものところで、行けば当たるはずだ”
と粗点をきめ、10mを落とした。
この時点で3発つかっているので、残りは、9、8、の15点
で、シルエットは33.


ここで、普通のひとだと、あと残り何点でグランドマスタとか、何店でマスターとか、計算を始める。本当に必要なのは、あと何枚倒せばいいことを知ることではなくて、すべての的を倒す方法を確認する必要があるのに。

おいらは、両方ともできないので、昨日のBEさんでの射撃と、ここでの射撃の差を考えてみることにした。

しかし、そんなのはわかるはずもなく、何の解決策も見つからなかったが、余計なことを考える時間は無くなり、
射順が来た。
ブルズアイの弾痕は、どうも左に流れる傾向があるが、そのままでうってみることにした。
1的目の射芸期は、50-0x。3発まで、左よりの傾向が見て取れて、それなら、ちょっと右をとおもってうったら、これまた、右側に飛んでいく。結果は10点圏に入っていたので、よかったが、こいつも明らかにおかしな方法に飛んでいきそうだったので、ここで、初志貫徹していつもの通りに狙ってみた。

しかし、たまはそれだけではなく、10点圏を下に外れるように飛んでいきやがった。
ては震えるし。足も震えるし、のどは乾くし。おならもしたくなってきたので、もういいや。
と言って、狙うと10点検に入ったようで、46-0x。 合計56-0となった。


これで、185点をとることができ、なんとバッジ防衛が達成された。ここんとこ、エキスパートのバッジ防衛もできていなかったのに。







タグ:APS
コメント(15) 

一病息災 [APS]

”無病息災”って言葉があるけど、何もないと何もしないから、一つか二つぐらいは、病気をもってて、病院の先生と仲良しになってほうが、かえって健康なんだと思う。

今回は、ジャッジを仰せつかっているので、朝早起きしてでかけた。いつもより、一時間はやく、しかも、朝ごはんは外で食べるつもりででかけた。

試合の時はいつも、マック。大泉だと朝開いてるのを、ここ以外知らないから。

集合時間8時だったけど、7時半ぐらいについて、まだあいてないかもなーとか思いながら、8階に上がったらあいてたので、設営に参加。普通に皆さんいらしてて、ちょっと焦った。

設営も何回か、参加してるのでほどなく終了。なんだかしらないけど、甘いもの食いたかったので、地下一階にいこうとおもったら、なんか改装中。しかたがないんで、1階のワッフルやさんで。ワッフル購入。220円普通だろうけど高い気がするなあ。アマイモンなので、味はよくわからんが、いやな気がしないのでいいんでしょうなあ。きっと。定番のメイプルシロップにすればよかったなんて思いながらくって。順番をまってた。

この日の順番は一番。ほんとに一番。A1-1。これくらいないってぐらい一番の射順。ブルズから。

12時開始だったけな?十分覚醒できてたので、まあ、それほどまずくはないだろうとおもっていたけど、91-5x。
ほぼ10点マイナス。また、バッジキープできないじゃん。と思いながら終了。
半分の射順を消化したら、ジャッジとして参加。いつもみてたけど、いろんなタイプがあるなあ、なんて思いながら見てた。時々カウント間違えながら。やっぱジャッジも大変。

ブルズアイが玉砕したので、すでに消化試合。ったって練習ろくにしてないんだから、当たり前感たぷりなんだけど、プレートの番。”肉を切らせて骨を断つ”というノルマは、すでに達成しているので、あとは、実力を発揮すればいい。まあ、そんなものはないけど。

プレートの最初に一枚めってすごく緊張する。で、ここを外すと後が続く。なるべく当てたりけど、緊張するのは仕方がない。でもノルマ達成しているので、まあいいや。っておもって、あとは何も考えないことにした。昨日のことも、あとのこともも、次の一枚も、前の一枚もって最初だから当たり前だけど、気にしないで、撃ちましょう。ってんで、1枚目は当たり。2枚目も続いたところで、3枚目で外した。確か、右に大きくずれる。ビニールの上ぐらい。もう少しで隣の的。やべーいつもの病気出ちゃった。トリガーを早く引きすぎて銃にトリガーをぶち当てて動いちゃうやつ。これやるとおいらは右に飛ぶ。
今の失敗は忘れることにしよう。だけど、トリガーだけはちゃんと引こう。って意識して4枚目あたり。5枚目もやっぱりガク引きしたんだけど、運よくまとにあたって、下段4枚。
問題はここからだ。記録上は倒れているので、14枚。下段で一枚外しているので、他は全部当たったことになってるけど、自分の射撃ができたのは、最後の1枚だけ。あとはなんだか怪しいし、そのうち4枚くらいは、フレームにあたって倒れている。だからいつもより、本来でいうところの結果は悪かった。でも見た目は14枚倒れている。


問題はここ。この段階で頭のいい人は、グランドマスターをとるには、38点取ればなれると計算ができてしまうんだけど、足し算が苦手なおいらはここで計算をしないし、しなかった。単純に14枚たおれてうれしかった。ただそれだった。もう十分だった。今回は期待見合ったよ。ご苦労さん。あとは本当に消化試合さね。

シルエットで38点って。実はそんなに難しい点数じゃない。コンスタントに狙えはしないけど。前回の公式では、満射もしてるし。最近シルエットは両手で打てるようになってきたので、両手で打つようにしてる。射撃を楽しむのであれば片手のほうがいいけど、やっぱりスケベ心が顔出してちょっとでも点数とりたい。まあ、最近は片手にこだわらなくなってきたけど。

で、シルエットのサイト練習でちょっとひと悶着あった。
おいらは、スタンディングとプローンで、リアゲートの幅を調整するので、ちょいとお時間をいただくのだけど、普通の人はそんなことしないので、なかなか、スタンバイ状態にならない。メインジャッジの方が、競技を開始したんだけど、サブジャッジの方(社長だけど)が、まだスタンバイとってません。と声をかけてくれた。とてもありがたかった。それでちょっと頑張んないととかおもったけど、的をみたらすべて忘れてしまって、射撃を開始。スタンディングは、8->9->10->7->6(うまくいったとき)の順で打つんだけど、7メートルで一回上に外して、18点。
プローンは最近あたってないけど、ここぞとばかりのSGM弾が利いたのか、満射。結果的に38点。

ということで、グランドマスターをとれる点数になったんだけど、この時点で、おいらは、38点に満足。91点の段階でバッジ防衛はできないと思ってたので、気楽におもっていると、サブジャッジの社長から、”グランドマスターとれたと思います。おめでとうございます。たぶん大丈夫”って聞きました。
”え、おれ38点だってよ。”っておもったけど、え?っておもって。グランドマスターだ。正直またまたっておもったけど、後ろでdeliさんもなんかパワーサインしてるし。とりあえずグーパンチじゃないや、グータッチして。


てな感じで、取れたグランドマスターでした。

あまり、感覚がないけど忘れてた。

イェーイ!


コメント(14) 

JASG協会のブログ [APS]

先日の協会さんのブログ2/11すみだ公式記録会【マスターバッジを発送しました】を今気が付いて読んだ。

まあ、みんながすでに分かっていることではあるけど、今回ははっきり”プレートを読み上げている僕から見て”なんてかいてあるので、間違いなくあの人(名前までわかってるけど自粛)で、プレートのうまい人について、いろいろ教えていただいてます。
スタンバイ姿勢のとき、身体が微動だにせずに止まっているように見受けられます
(しかも毎回同じ姿勢で)

これ、Rさんも言ってました。
おいらは満射したことないけど、最近は、横に動くのすらしていない。非常におかしな構え方かもしれないけど、左から打つけど、右端のターゲットの前に立つように、最近変更した。ご法度の手の動きだけで、狙うターゲットを変えるようにした。その結果。次弾までの準備が非常にスムーズになった。
スタンバイ姿勢時のルーティンの固定ができているような気がしている。
10枚くらいしか倒せてないやつが何を言ってるんだと思われても当然だけど、なんとなく、つながったような気がしてうれしかったので、
書き込み。

はたして、そういえば、唐突だけど、次のマスターバッチが私宛に発送されることはあるのだろうか?


やっぱり最後は
”撃ったらえーネン”
コメント(2) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。