So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

一病息災 [APS]

”無病息災”って言葉があるけど、何もないと何もしないから、一つか二つぐらいは、病気をもってて、病院の先生と仲良しになってほうが、かえって健康なんだと思う。

今回は、ジャッジを仰せつかっているので、朝早起きしてでかけた。いつもより、一時間はやく、しかも、朝ごはんは外で食べるつもりででかけた。

試合の時はいつも、マック。大泉だと朝開いてるのを、ここ以外知らないから。

集合時間8時だったけど、7時半ぐらいについて、まだあいてないかもなーとか思いながら、8階に上がったらあいてたので、設営に参加。普通に皆さんいらしてて、ちょっと焦った。

設営も何回か、参加してるのでほどなく終了。なんだかしらないけど、甘いもの食いたかったので、地下一階にいこうとおもったら、なんか改装中。しかたがないんで、1階のワッフルやさんで。ワッフル購入。220円普通だろうけど高い気がするなあ。アマイモンなので、味はよくわからんが、いやな気がしないのでいいんでしょうなあ。きっと。定番のメイプルシロップにすればよかったなんて思いながらくって。順番をまってた。

この日の順番は一番。ほんとに一番。A1-1。これくらいないってぐらい一番の射順。ブルズから。

12時開始だったけな?十分覚醒できてたので、まあ、それほどまずくはないだろうとおもっていたけど、91-5x。
ほぼ10点マイナス。また、バッジキープできないじゃん。と思いながら終了。
半分の射順を消化したら、ジャッジとして参加。いつもみてたけど、いろんなタイプがあるなあ、なんて思いながら見てた。時々カウント間違えながら。やっぱジャッジも大変。

ブルズアイが玉砕したので、すでに消化試合。ったって練習ろくにしてないんだから、当たり前感たぷりなんだけど、プレートの番。”肉を切らせて骨を断つ”というノルマは、すでに達成しているので、あとは、実力を発揮すればいい。まあ、そんなものはないけど。

プレートの最初に一枚めってすごく緊張する。で、ここを外すと後が続く。なるべく当てたりけど、緊張するのは仕方がない。でもノルマ達成しているので、まあいいや。っておもって、あとは何も考えないことにした。昨日のことも、あとのこともも、次の一枚も、前の一枚もって最初だから当たり前だけど、気にしないで、撃ちましょう。ってんで、1枚目は当たり。2枚目も続いたところで、3枚目で外した。確か、右に大きくずれる。ビニールの上ぐらい。もう少しで隣の的。やべーいつもの病気出ちゃった。トリガーを早く引きすぎて銃にトリガーをぶち当てて動いちゃうやつ。これやるとおいらは右に飛ぶ。
今の失敗は忘れることにしよう。だけど、トリガーだけはちゃんと引こう。って意識して4枚目あたり。5枚目もやっぱりガク引きしたんだけど、運よくまとにあたって、下段4枚。
問題はここからだ。記録上は倒れているので、14枚。下段で一枚外しているので、他は全部当たったことになってるけど、自分の射撃ができたのは、最後の1枚だけ。あとはなんだか怪しいし、そのうち4枚くらいは、フレームにあたって倒れている。だからいつもより、本来でいうところの結果は悪かった。でも見た目は14枚倒れている。


問題はここ。この段階で頭のいい人は、グランドマスターをとるには、38点取ればなれると計算ができてしまうんだけど、足し算が苦手なおいらはここで計算をしないし、しなかった。単純に14枚たおれてうれしかった。ただそれだった。もう十分だった。今回は期待見合ったよ。ご苦労さん。あとは本当に消化試合さね。

シルエットで38点って。実はそんなに難しい点数じゃない。コンスタントに狙えはしないけど。前回の公式では、満射もしてるし。最近シルエットは両手で打てるようになってきたので、両手で打つようにしてる。射撃を楽しむのであれば片手のほうがいいけど、やっぱりスケベ心が顔出してちょっとでも点数とりたい。まあ、最近は片手にこだわらなくなってきたけど。

で、シルエットのサイト練習でちょっとひと悶着あった。
おいらは、スタンディングとプローンで、リアゲートの幅を調整するので、ちょいとお時間をいただくのだけど、普通の人はそんなことしないので、なかなか、スタンバイ状態にならない。メインジャッジの方が、競技を開始したんだけど、サブジャッジの方(社長だけど)が、まだスタンバイとってません。と声をかけてくれた。とてもありがたかった。それでちょっと頑張んないととかおもったけど、的をみたらすべて忘れてしまって、射撃を開始。スタンディングは、8->9->10->7->6(うまくいったとき)の順で打つんだけど、7メートルで一回上に外して、18点。
プローンは最近あたってないけど、ここぞとばかりのSGM弾が利いたのか、満射。結果的に38点。

ということで、グランドマスターをとれる点数になったんだけど、この時点で、おいらは、38点に満足。91点の段階でバッジ防衛はできないと思ってたので、気楽におもっていると、サブジャッジの社長から、”グランドマスターとれたと思います。おめでとうございます。たぶん大丈夫”って聞きました。
”え、おれ38点だってよ。”っておもったけど、え?っておもって。グランドマスターだ。正直またまたっておもったけど、後ろでdeliさんもなんかパワーサインしてるし。とりあえずグーパンチじゃないや、グータッチして。


てな感じで、取れたグランドマスターでした。

あまり、感覚がないけど忘れてた。

イェーイ!


コメント(14) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

JASG協会のブログ [APS]

先日の協会さんのブログ2/11すみだ公式記録会【マスターバッジを発送しました】を今気が付いて読んだ。

まあ、みんながすでに分かっていることではあるけど、今回ははっきり”プレートを読み上げている僕から見て”なんてかいてあるので、間違いなくあの人(名前までわかってるけど自粛)で、プレートのうまい人について、いろいろ教えていただいてます。
スタンバイ姿勢のとき、身体が微動だにせずに止まっているように見受けられます
(しかも毎回同じ姿勢で)

これ、Rさんも言ってました。
おいらは満射したことないけど、最近は、横に動くのすらしていない。非常におかしな構え方かもしれないけど、左から打つけど、右端のターゲットの前に立つように、最近変更した。ご法度の手の動きだけで、狙うターゲットを変えるようにした。その結果。次弾までの準備が非常にスムーズになった。
スタンバイ姿勢時のルーティンの固定ができているような気がしている。
10枚くらいしか倒せてないやつが何を言ってるんだと思われても当然だけど、なんとなく、つながったような気がしてうれしかったので、
書き込み。

はたして、そういえば、唐突だけど、次のマスターバッチが私宛に発送されることはあるのだろうか?


やっぱり最後は
”撃ったらえーネン”
コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ナイロン版リアサイト [APS]

アクリル版はすごくきれいに出来るけど、どうも強度的弱そう。
固いけど脆い。
という事でナイロン版を注文してみた。
しばらくこれで打ってみることにしよう

image-20170213205430.png

コメント(0) 

やっぱり [APS]

公式戦でレーザーサイトで出場した。

有る程度うまくサイティング出来ないとギャラリーからの応援が半端なく、初めて使うようなレーザーサイトで操作もなれていないから心臓バクバクで揺れが止まらなかった。

ギャラリー対策を考えるかガラスハートをどうにかしないと使えないかな

昨日の練習ではそこそこ撃ててたけど。

コメント(0) 

そういえば [APS]

なにかとレーザつかってるけど、あまりレーザ使ったxxサイトってAPSだとはやらないなあ。
たしかに、逆に恥ずかしい面もあるしなあ。

とりあえず、これでいこ。


コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

バリアブルリアサイトの作り方。 [APS]

IMG_1666.JPG
用意するもの。
品名備考
APS-3 用 バリアブルリアサイト(Wing 15mm)DMM
ねじロッド二日くらい前にこのブログで紹介したやつ
2mmスチールボールスライドノブのクリック化用
2mmEリングねじロッド固定用
2x4キャップビス5本普通のねじでも可。でも色は黒がいい
3x3mm芋ねじスライドノブ固定


このうち、リアサイトの部品を以下のように設定します。
variable v60.png


組み立て手順
このような手順で作っていきます。
手順作業備考
左ウィングにねじロッドを通す。左ウィングは、右ねじが切ってあるのですんなりと入る。、ねじロッドのスリットが無い方が右ねじのはず。IMG_1652.JPG
右ウィングを1で作ったねじロッドにつなげる。こちらがは左ねじが切ってあるのでねじロッドを左に回すとこれもすんなりと入っていくIMG_1653.JPG
3ねじロッドの右ねじ、左ねじが接しているところに向かて右ウィング、左ウィングを調整する。ほぼねじの交差点付近で完全に閉鎖すればOKIMG_1654.JPG
4ねじロッドのスリットにEリングをはめる。あとからでもいいけど、この段階でつけておいた方がやりやすい。この段階で、これをウィングASSYと呼ぶ。IMG_1656.JPG
5スライドノブに芋ねじを装着する。この時、スライドノブは、ギアのように見える部分を上にして、上から芋ねじの六角部分にアクセスできるようにし、ぎりぎりくらいまで、左に回しておく。slidNob.png
6トップカバーにスチールボールをはめる。トップカバー左側に穴が開いているので、その穴に2mmのスチールボールをいれておく。この時、グリスをつけておくと、落ちにくくなる。IMG_1659.JPG
7トップカバーにウィングASSYをはめる。Eリングがはまっていると若干入れにくいし、全閉にすると、柱に干渉するかもしれないが、その時は、外してあまりガタガタにならないくらいにウィングASSYの幅を調整する。IMG_1668.JPG
8スライドノブを装着する。若干、両ウィングを広げる。この時、Eリングが、アッパーカバーから浮いているようであれば、一度ねじロッドを外し、右ウィングが左側に移動するように右ウィングだけを回転させる。全閉時に中心がずれることになるかもしれないが、ウィングががたつかなくことのほうが重要。位置が落ち着いたら、スライドノブをねじ込む。押したり引いたりしてみてスライドノブが動かないいちまで、スライドノブを締めこむ。あまり強く締めこむと逆効果。頃合いは、自分で判断すること。スライドノブの位置が決まったら、芋ねじを締めてロックする。スライドノブをつまんで固定し、芋ねじを締めて行って、ねじロットとの摩擦で止める感じ。ねじロックとかで止めるのもありだと思うけど、アクリルの場合、負ける可能性あり。締め付けてトルクはそれほどでなくていい。逆に締め付けすぎると、ねじがなくなって悲しいことになる。IMG_1660.JPG
9アンダーカバーを装着する。丁寧にはめるときっちりはまる。3本のM2x4キャップビスを使って、ねじ止めを行う。ねじ締め付けトルクは、あまりいらない。トルク感が変わるのを感じたらそこで終了。ここも占めすぎ注意IMG_1661.JPG
10ハイドウォールを装着する。M2x4の2本のねじで止める。高さの調整は、穴をやすり等で広げれば可能。IMG_1662.JPG

コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

レーザーサイトコンテナ [APS]

銃にマウントしてるときは、こんな感じなのは、昨日の写真の通り
IMG_1635.JPG

でもってこれから取り外すと、
IMG_1645.JPG

でろーん。

さらに中がよく見えるように立ててみると、
IMG_1644.JPG

昨日のクラブまマッチで使っていると、時々、原因不明の消灯が発生し、プレートの最後の2枚は消えたまま打つことになったので、帰ってきてよく調べてみると、写真にも写ってる電池ケースの電極が極端に曲がっており、接触不良になってた。

さらに明るすぎるので、光量調節機能をつけてみた。Bカーブなので、結構敏感な感じではあるけど、とりあえず、もう少し暗くできる。
これで、もう一回ためしてみて、2月の公式に出ることにしよう。
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

APS3用レーザーサイト [APS]

プレートの攻略が難しい。
調子よく順に倒せていたたとしても、”おかしい、こんなに調子よく続くはずがない”などと、思わなくてもいい邪念が頭をよぎり、果たして外してしまい、あとは、メンタルガタガタになって、しおしおのパーとなる。

多分必要なのは、プレートの満射は難しい。っていう意識ではなくて、簡単だって意識に持っていく必要がある。
そこで、プレートの射撃をもう少し楽に練習し、いつでも倒せる可能性があるのだということを意識できるために、レーザーサイトを作ってみることにした。

基本的には、オープンで撃つので、あくまでもフロントとリアサイトを用いた照準をするわけだが、そのサポートとしてサイティングアシスタントとしての補助照準装置がいい。
となれば、レーザサイトである。

オープンサイトとして、違和感がないつくりにする必要があるので、バレルから上の部分には絶対につけられない。となれば必然的に下側につけることになるが、APS3の構造上、下にはコンプレッサーレバーがある。この部分に干渉するような位置にはつけられない。
いいところがないかと考えってみると、シリンダの前側につければ、サイトれディアスも稼げるし、レーザサイトも付けれそうだ。うまくいけば、そのほかのものも。。なんて考えて、前方側に延長する形で作ることにした。
まあ、普段使ってるAPS-3もなんだか伸びてるし。

IMG_1627.JPG

写真では、いきなりついているが、結構この部品は大きいので、私の3Dプリンタでは印刷ができない。なので2分割に分けたものを、張り合わせることにした。

IMG_1623.JPG

印刷ごのパーティングラインはさいしょから消すつもりでいたが、印刷物を見てみると、下から1センチ以内のところにしわができてる。二つともの部品にできている。この理由はわからないが、もし知ってる人がいたらら教えてください。組み合わせたので、わかりにくいかもしれないけど。
IMG_1624.JPG

下側のパーツは、空洞になっており、何もしなければただのパイプの延長になっている。この部分をサンダーバート2号よろしく、いろんなガジェットにより、救助隊を構成するわけである。

今回は、レーザーサイト。
IMG_1635.JPG
レーザーサイトコンテナの詳細は、また別途。

でこれをつかってクラブマッチに出てみたが、普通に使ったから普通の点数がでて、10枚。
これでフリーサイトなので、10点マイナス。
なるほどね。

コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ねじロッドの作り方 [APS]

私が作成したバリアブルリアサイトは、右ねじ左ねじが同居したいわゆるターンバックルですが、開閉幅をできるだけ狭くするために、右ねじ、左ねじ間のクリアランスは、0になっています。こんな部品は市中製品には、存在しないようです。(厳密にいうとあるかもしれませんが、ねじが切ってあるとスリットが入れられないので。)

なので、つくります。

用意するもの。
品名数量特徴
M3x50mmのキャップビス使うのは1本。でも練習も含めると。。。鉄製のもの。ステンレスはダメ。45mmでも可。
左ねじM3x0.5ダイス1最近はインターネット通販で割と簡単に手に入る。
電気ドリル100Vで回せる力のあるやつ。である程度回転数が高いとやりやすいかな
金鋸Eリングスロット切に使います。今回の作業の中ではおれないと思うので、1本でもいいし、ホルダもいらない。
万力プロクソンのリュータースタンドセットについてきた万力。あると便利。
説明では出てくるけど
一覧にはないもの
多分1適当に自分で、追加してください。


作成方法

1.スリット位置ケガキ

キャップビスにねじ切り一をケガく。

IMG_1588.jpg

Eリング固定用のスリットを作るためにまずケガキます。位置は、右ねじ終了時点から14.5㎜。以下の方法では、位置精度はあまり出ない。でも気持ちとしてはそこを狙う。

2.スリット作成

ケガイたねじロッドを電気ドリルにクランプし、金鋸で削ります。
IMG_1592.jpg
いわゆる電気ドリルだと、15分くらい保持していると、スリットが完成します。
IMG_1593.jpg

Eリングは2mmのものを使います。はめてみて緩く回るくらいがちょうどいいような気がします。細くしすぎると強度が不足しますが、それほど気にしなくてもいいでしょう。

3.キャップビスの頭を落とす。
IMG_1595.jpg

万力等に固定して、切断砥石で切断します。切断砥石とマンドレルはダイソーの製品だったりします。
IMG_1597.jpg

切断した後、回転砥石で面出しをしておきます。

4.テーパリング

どこかの国の経済対策みたいですが面だししたところに面取りをします。これは、次工程ダイス加工の前処理です。
IMG_1598.jpg
リューターにクランプしてダイヤモンドやすりとかで、削り出します。

5.ダイス加工

普通は、ねじロッドを万力等で固定したうえで、ダイスハンドルをつかって切る方法が一般的ですが、ダイスハンドルを水平に保持するのってすごく難しい。と私は思うので、ちょっと違う方法でやります。
万力で水平にダイスを保持します。ってもふつうは難しいので、ダイスホルダを3Dプリンタで作成し、それを万力で固定します。で、ねじ側はドリルスタンドを使って保持します。これで垂直だしをしなくても、垂直が出ます。
IMG_1601.jpg

タッピングボール盤なんて機械があれば、そっちのほうが当然いいです。

途中の様子
IMG_1603.jpg

ねじが切り終わった直後はこのようになるはずです。
IMG_1604.jpg

6.余分の切除

Eリング保持用にスリットは空きましたが、多少長すぎるので、スリットから2mmほどの位置で切り落とします。
IMG_1607.jpg

この処理がおわると、ねじロッドが完成します。
IMG_1609.jpg

Eリング用のスリットをつけない方法でも可能です。
高ナットに3mmの左ねじタップで左ねじをきります。高ナットにはもととも右ねじが切ってあるので、左ねじを切ると、右ねじでも左ねじでもねじが利くようになります。もちろんあまりトルクはかけられませんが。
リアサイト組み立て後、左ねじ側にこの高ナットを使い、3x3mmのホーローねじで止めることになります。
うまくすると、サイトの右側にも調整ノブをつけられるので、この方法もいいかもしれません。
スリットがなければ市販品があるかもしれないし。

コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

トリガー [APS]

久しぶりに、ブログのアクセス履歴をみてたら、いつぞやの 銃の設定のページがヒット率が高かったので、見てみると懐かしい感じがしたけど、あまり変わってないなと思いつつ、トリガーを変えてた。

トリガー自分でいろいろいじってみたけど、結論としては、オリジナルのトリガーが一番いい感じがする。
LE15の銀色のやつとかオリジナルの黄色のやつとかあれだ。

あのトリガーで、前後の角度が帰れる奴が一番いいと思う。

最近は、LE13からのスピンオフの”APS-3用フルアジャスタブルトリガー”をつけてる。

これだと、角度はいいけど、トリガーフェースが水平面がまっすぐで、なんとなく違和感がある。それに比べて、オリジナルトリガーのラウンドは気持ちがいい。

シューだけ、あれにできればきっと最高。

だけど、このカスタムは、きっと点数には影響しない。


コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | -